平成20年4月より40~75歳を対象に特定健診・特定保健指導が始まりました。糖尿病・高血圧症などの「生活習慣病」の該当者、予備軍を減らすため、内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目した生活習慣病予防対策が導入されます。保健師や栄養士が指導し、生活習慣病の予防を目指します。

当院では、従来の「早期発見」「早期治療」のための健康診断・健康指導に加え、「生活習慣病予防」のための特定健診・健康保健指導にむけて準備を行っています。特定健診ではメタボリックシンドロームに着目した項目を行い、疾病の早期発見・早期治療の契機となるとともに、受診者の方の健康状態をチェックします。

(運営についての重要事項に関する規程の概要 「健診機関」 「特定保健指導機関」)

特定健診検査内容


・身体測定(身長・体重・BMI・腹囲)
・理学的検査(身体観察)
・血圧測定
・尿検査(尿糖・尿蛋白)
・血液検査:脂質検査(中性脂肪・HDLおよびLDLコレステロール)
      肝機能検査(GOT・GPT・γ-GTP)
      血糖検査(HbA1c)

また上記の基本項目に加え、医師の判断で必要とされた方には貧血検査・心電図検査・眼底検査を行います。その後、健診結果により生活習慣病の発症リスク等から、「情報提供」「動機づけ支援」「積極的支援」の3つに階層化され、「動機づけ支援」「積極的支援」に階層化された方が保健指導の対象となります。

特定保健指導とは


健診結果から受診者が自らの健康状態を認識した上で、体のメカニズムと生活習慣との 関係を理解し、自らの生活習慣を改善するための行動目標を設定するとともに自らが実践できるよう、医師や管理栄養士が支援します。

特定保健指導の予約方法


基本は事前郵送物などがあるため1週間前の予約制となっております。
1週間以内は基本受け付けておりませんが、その場合、事前郵送は行なっておりません。
記入物などが増えるため、特定保健指導のお時間が長くなります。

事前に電話または受付での予約をお願いいたします。
予約枠は栄養指導枠と同じとなり、下記の時間帯となっております。

10:00~
11:00~
14:00~
15:00~
16:00~
※初回は30~60分程度となります。

予約時に確認させていただく項目


①特定保健指導の種類(コース)動機付け支援または積極的支援
健診結果、身長体重なども確認させていただく場合がございます。
②特定保健指導利用券の有効期限
③当院以外での健診を受けられた方は、健診結果データの有無
健診結果がない場合、特定保健指導は利用できませんのでご注意ください。

特定保健指導を受けるために必要な持参物


①特定保健指導の利用券(有効期限がありますのでご注意ください。)
②保険証
③検診結果表

動機付け支援とは


原則1回の支援(面接)で、対象者本人がみずからの生活習慣を振り返り、生活習慣の改善点等を認識し、自ら(行動)目標を立てるとともにすぐに実践(行動)に移し、その生活が継続できるようにすることを目的とした支援です。そして、保健指導を行ってから6ヶ月後に電話またはEメール等により目標が達成されているか、身体状況や生活習慣に変化がみられたか等の評価を行います。

積極的支援とは


「動機付け支援」の内容に加え、医師や栄養士が3ヶ月以上(当院の場合、6ヶ月)継続的に支援を行い、対象者が自らの生活習慣を振り返り、行動目標を設定し、その目標達成に向けた実践(行動)に取り組みながら、支援後も継続できるようにすることを目的としています。支援は面接だけでなく、電話やEメール等でも行い、支援開始から6ヶ月後に電話またはEメール等により目標が達成されているか、身体状況や生活習慣に変化がみられたか等の評価を行うようになります。
内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に起因する生活習慣病は様々な形で動脈硬化を引き起こし、心血管疾患・脳血管疾患等を引き起こす原因となります。健診により、生活習慣病発症リスクを発見し、保健指導で生活習慣を改善することでリスクを少なくすることが可能となります。
当院では、皆様が健康でよりよい生活を送れるお手伝いができるよう、特定健診および特定保健指導に取り組んでまいります。

このページのTOPへ戻る