ヘルニア専門外来


「そけいヘルニア(脱腸)は子供の病気」というイメージをもたれがちですが、むしろ体の組織が衰えてくる中高年層に多い病気です。子供の先天的なヘルニアは成長にともなって自然に治癒する場合もありますが、大人のヘルニアの場合、筋膜は投薬、運動では強化できないため手術でしか治療できません。従来の手術は組織を縫い合わせるもので、再発や痛みも多いなどの問題点がありました。しかし、最近の手術ではメッシュと言われる人工物を使用することにより、それらの問題点が大きく改善され、早期の社会復帰が可能になりました。当院ではソケイヘルニアの治療に積極的に取り組んでいます。特に腹腔鏡を用いてソケイヘルニアを修復するTAPP法を標準術式として、患者様の満足度の高い治療を行うことで、地域医療に貢献していきたいと考えております。もしヘルニアでお悩みの方がいらっしゃいましたら、余り悩まずに当院のヘルニア外来を受診することをお勧めします。


そけいヘルニアとは


そけいヘルニアは体内で内臓を保護する「筋膜」がゆるみ、その穴から腹膜や腸などが移動してしまう状態を指します。最初は痛みがなく、入浴中やくしゃみをした時など腹部に力がかかった際に、下腹部周辺で膨らむ部分を発見することによって気づくケースも多いようです。脚の付け根に押すと戻る膨らみを見つけたり引っ張られるような違和感を感じたりした場合、そけいヘルニアを疑うことが良いと思います。


 


ソケイヘルニアに対する当院の取り組みを毎日新聞社に取材して頂き、2014年2月14日の毎日新聞徳島版に掲載されました。
取材の質疑応答を通してソケイヘルニアにつき理解を深めて頂きたいと思います。(毎日新聞徳島版 2014年2月14日掲載)



治療(手術)方法


そけいヘルニアは「筋膜」の緩みによって発生する病気であり、その「筋膜」は投薬、運動では強化できないため、手術以外に有効な治療方法はありません。当院ではソケイヘルニアの標準治療術式として、腹腔鏡下ソケイヘルニア修復術を行っています。全国的にも有名なTAPP法の第一人者である大阪高槻病院の植野先生の御協力も得て、TAPP法の導入を試みました。症例に応じて、また患者様の御要望に応じてこれらの手術方法を使い分けることで、患者様のニーズに応えられるように努力しています。


腹腔鏡下ソケイヘルニア修復術とは


腹腔鏡下ソケイヘルニア修復術(TAPP法:transabdominal preperitoneal approach)とは、腹腔鏡という細い内視鏡を腹腔内に挿入し、内側からそけい部のヘルニアが起こりえるすべての部位をメッシュシートで補強する方法です。当院ではTAPP法をそけいヘルニア手術の標準術式としています。この方法は他の手術方法に比べて、慢性疼痛の発症が少なく、再発率も低い理想の手術と言われています。

腹腔鏡下手術の利点

・傷あとが小さく痛みが少ない。(開腹手術では5cm程度)
・入院期間が短い。(1日から3日程度)
・日常生活に早く戻れる
・ヘルニア発生部位が左右の2ケ所にあっても同時に治療できる。
・お腹の中(腹腔内)を観察しながら手術を行うので、症状が出ていない小さなヘルニアの見落としが少ない。

TAPP法手術手技

1.全身麻酔を行い、下図に示す様に臍部に11mm、左右側腹部に5mmの小さな切開を加えます。


2.腹腔鏡を臍部から挿入し、図に示す様にテレビモニターで腹腔内を観察しながら手術を開始します。


3.右外ソケイヘルニアの腹腔鏡から見た様子です。写真中央にくぼんでいる様に見えるところに小腸が入り込んで脱腸症状を引き起こしていました。


4.腹膜に切開を加えます。ソノサージという超音波メスを用いて出血させずに切ることが出来ます。


5.腹膜を切離し、膀胱前腔まで剥離した状態です。ソケイ部を構成する靱帯や血管、筋膜が露出されています。


6.腹膜が十分に剥離できたら、メッシュシートを腹膜の内側に展開します。



7.タッカーという特殊な器具を用いてメッシュシートを腹壁に固定します。


8.腹膜を縫合します。縫合手技もすべて内視鏡下に行います。



9.手術終了図です。手術前のような腹膜の穴が消失しています。



ダイレクトクーゲル法とは


ダイレクトクーゲル法はヘルニアの穴を筋膜の内側から塞ぐという合理的な手術法です。メッシュシートはヘルニアが起こりうる全ての場所を同時に覆うことが出来るので再発防止効果も期待できます。また手術時間も約30~60分と短く済みます。
※健康保険が適用されます。





 
 


メッシュプラグ法とは


メッシュプラグ法はヘルニアの穴をメッシュで出来たプラグで塞ぎ、さらにメッシュシートでヘルニアが起こりうる場所を前方から覆い、脆弱なそけい管後壁を補強します。この方法も手術時間も約30~60分と短く済みます。
※健康保険が適用されます。

  
  


当院院長より



ヘルニアは下腹部の症状のため『恥ずかしいから』と受診をためらわれる方もいらっしゃいますが、誰でもなる可能性があると認識し、脚の付け根に膨らみを見つけたり、ツッパリを感じられたらすぐに受診されることをお薦めします。







ヘルニア専門外来 診療案内


 
午前



肛門疾患専門外来


痔とは


痔とは、痔核・裂肛・痔瘻のことを言います。3人に一人は痔を持っているといわれています。

痔の原因


便秘、下痢、長い排便時間、暴飲暴食、アルコール、香辛料、食物繊維不足、ストレス、立ちっぱなし、座りっぱなし、体の冷え 等

痔にならないように、また悪化させないように、これらのことを避けましょう。

       

肛門の仕組み



痔核(いぼ痔)


痔の5~6割を占めます。

内痔核


肛門の内側にできる痔核(いぼ痔)のことです。脱肛(いぼ痔がとびでる)、出血等の症状があります。痛みはあまりありません。症状により以下の4つに分類されます。
Ⅰ度:無症状もしくは出血程度のもの
Ⅱ度:排便時に脱出するが自然に戻るもの
Ⅲ度:排便時に脱出し指で押し戻さなければならないもの
Ⅳ度:常に脱出し戻らないもの

Ⅰ・Ⅱ度は基本的に軟膏、座薬、内服薬で治します。Ⅲ・Ⅳ度は手術で治します。

外痔核


肛門の外側にできる痔核(いぼ痔)のことです。血栓性外痔核は急に腫れ痛みを伴います。血栓性外痔核は軟膏で治すか、中の血栓を取り除いて治します。進行した内痔核に伴う外痔核もあります。

内痔核の手術


・結紮切除術(半閉鎖術)
  痔核に流れ込んでいる血管をしばり、痔核を切除します。切除した部位は奥から半分ぐらい縫合します。
  縫合しない部位は分泌物等の出口になり、傷が早く治ります。
・ALTA療法(ジオン®による注射療法)
  最近広く行われるようになってきた、注射で内痔核を治す方法です。
  注射により痔核に流れ込む血流が減少し、痔核が縮小します。また痔核が硬化し、脱出しなくなります。

裂肛(きれ痔)


2割程度で、女性に多い痔です。

急性裂肛


排便時に肛門が切れたものです。痛み、出血等の症状があります。軟膏、内服薬で治します。

慢性裂肛


裂肛が慢性化すると潰瘍になり、肛門ポリープ、皮垂を伴います。ひどくなると肛門が狭くなり、裂肛の悪化、排便困難となります。狭くなった肛門を広げる手術を行います。

裂肛の手術


・用手肛門拡張術
 指や器具を使って肛門を広げます。

・側方内肛門括約筋切開術(LSIS)
 局所麻酔で内肛門括約筋を切開し、肛門を広げます。

・皮膚弁移動術(SSG)
 腰椎麻酔で裂肛、肛門ポリープ、皮垂を切除します。肛門を広げ、傷を縫い直します。

・肛門形成術
 肛門狭窄が高度の場合に行います。

痔瘻(あな痔)


2割程度で、男性に多い痔です。
痔瘻とは、肛門周囲の膿のたまったトンネルのことです。トンネルが開通していない(二次口がない)状態は肛門周囲膿瘍とよばれます。肛門周囲の腫れやしこり、痛み、血液や膿がでる等の症状があります。歯状線の窪み(肛門小窩=原発口)から細菌が侵入し、肛門腺に感染してできます。基本的に手術をしないと治りません。

痔瘻の手術


・開放術式(lay open)
肛門後方の単純な痔瘻に対して行います。瘻管(トンネル)を切り開いて治します。

・seton(シートン)法
肛門の後方以外の単純な痔瘻や、複雑な痔瘻に対して行います。瘻管(トンネル)をゴム等で縛り治します。
他にも痔瘻の種類によりさまざまな手術方法があります。

手術の様子


 

肛門手術実績


  H23 H24 H25 H26 H27 H28
件数 19 32 54 85 91 130

肛門疾患専門外来 診療案内


>
 
午前


胃瘻(PEG)


胃瘻(いろう)とは


口から十分に食べられない方のためにお腹につくる小さな口です。皮膚から直接胃の中にチューブを入れ、そのチューブから栄養剤を入れますが、皮膚と胃をつなぐトンネル状の部分を胃瘻といいます。

胃瘻を作る場合


口から十分な栄養が摂れないが胃腸の働きは正常である場合、また4週間以上栄養補助が必要な方に適しています。以下のような方が対象になります。
・脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)や認知症により食事摂取が十分にできない方
・神経筋疾患により嚥下機能(飲み込む働き)が障害されている方
・頭頚部疾患などにより摂取困難がある方
・炎症性腸疾患(クローン病)などで長期の栄養補充が必要な方
・誤嚥性肺炎を繰り返す方

PEGとは


胃瘻をつくる方法のひとつである経皮内視鏡的胃瘻造設術のことで、英語の
Percutaneous Endoscopic Gastrostomyを略してPEG(ペグ)といいます。
当院では主にPEGで胃瘻をつくっており、内視鏡(胃カメラ)で胃の中を確認しつつ局所麻酔による1cm弱の小さな傷で行っています。所要時間は20分程度です。
PEGの方法には数種類ありますが、鮒田式胃壁固定具を用いたイントロデューサー法で行っています。他の方法に比べて感染を起こす可能性が低く、胃壁と腹壁を固定することにより安全性も高い方法です。

PEGの実際


       内視鏡を挿入し、空気を入れて胃を十分に膨らませます。胃瘻をつくる位置を確認し、
       局所麻酔の後に胃壁と腹壁を縫って固定します。



皮膚を1cm弱切開し、皮膚から胃内まで穿刺した後にカテーテルを挿入します。




カテーテル先端のバルーンを膨らませ、固定板を移動させて終了です。

胃瘻カテーテルの種類





胃瘻カテーテルの特徴



チューブ型
・チューブが長いため、栄養投与時に扱いやすい。
・常にチューブが体表部に出ているため、自己抜去(自分で引っぱって抜くこと)されやすい。

ボタン型
・栄養投与時にチューブを接続する必要がある。
・栄養投与時以外にはチューブがついていないため邪魔にならない。
・自己抜去されにくい。

バルーン型
・交換しやすい。
・耐久性が弱く、交換の時期が短い(1~2ヶ月毎)。
・自己抜去が起こりやすい。

バンパー型
・やや交換しにくい。
・耐久性があるため、交換時期がバルーン型より長い(4~6ヶ月毎)。
・自己抜去されにくい。


・胃瘻カテーテルは、それぞれの特徴を考慮し、その方に合ったものを選択します。
・胃瘻をつくっても口から食事はできます。食べることができる方は積極的に食べる練習をするのがよいでしょう。
・お風呂にも入れます。胃瘻部が落ち着けば普通に浴槽に入れます。
・胃瘻の必要がなくなった場合、カテーテルを抜くと自然と穴はふさがります。
・NPO法人PEGドクターズネットワークの調査によると、認知症患者に胃瘻造設することにより、
 以下の改善が見られました。
 ①生命予後を改善した。日本人の場合には胃瘻造設後、半数以上の症例が2年以上生存した。
 ②生活の質(生活自立度)は8.5%の症例で改善が認められた。
 ③経口摂取は18.4%の症例に改善が見られた。
 ④肺炎の改善は71.7%の症例に見られた。


腹腔鏡下手術


作成中

肝癌に対する肝動脈(化学)塞栓療法(TAE/TACE)


TA(C)Eとは・・・血管の中から癌の間近に迫る、肝癌治療

癌は発生部位や進行状態によって治療方法が変わります。肝癌の場合は外科手術によって切除する他肝動脈(化学)塞栓療法TA(C)E・RFA(ラジオ波焼灼療法)などさまざまな治療法で行われています。
当院では、肝癌診療ガイドラインにのっとりRFA(ラジオ波焼灼療法)・TA(C)Eを行っております。TA(C)Eとは、肝癌に栄養を送る動脈を塞いで血流を止め、癌を壊死させ、さらに塞いだ血管の末梢には抗がん剤を注入し、同時に癌組織に作用させる治療法です。

肝癌は癌に血液を運ぶ“栄養血管”が豊富に発達しているため、栄養血管を塞ぐTA(C)Eが有効です。より高い効果を引き出し、副作用を減らすには、出来るだけ腫瘍の近くで薬剤を注入する必要があります。この治療法の効果を左右するのは、いかに癌の近くに迫れるか。薬剤を注入するカテーテルをどれだけ奥まで挿入できるかが重要なポイントとなります。

    
            術前画像:肝臓癌が黒く写っている
            術後画像:肝臓癌があった場所に、薬液が満たされて白く写っている

当院ではウイルス性肝炎の治療、また、それに伴う肝癌の治療に最新設備を導入して対応しています。慢性B型・C型肝炎に対してはインターフェロン(IFN)療法や抗ウイルス薬の投与を患者さんの病態に応じて行っています。
肝硬変に伴う難治性腹水や肝性脳症の治療も、薬剤を使用した治療から、腹腔静脈シャント(デンバーシャント)の留置も行い、QOL(生活の質)の向上に努めております。
※装置の更新に伴い、回転撮影画像を元にした3D-DSA撮影(3Dの血管像)などを使用しながら検査や治療を行っています。

血管造影の様子
 
ラジオ波手術の様子


※当院では肝がん診療ガイドラインに則って治療を行っています。


ステント留置術


血管内治療とは、血管内手術とも言われ、血管撮影装置の画像検査をガイド役として、血管の中にカテーテルという細い管を入れて行う手術のことです。メスを用いないので、患者様の身体的負担が少ないことが特徴です。

脳血管内手術(ステント留置術)の様子
 
 

頚動脈狭窄症によるステント留置術


動脈硬化により細くなってしまった頚動脈を、風船のついたカテーテルで押し広げ、その後に、ステントという形状記憶合金でできた筒を内張のように留置する治療です。


術前画像:内頚動脈に高度の狭窄を認めます。
術後画像:内頚動脈に狭窄は認められません。

        

頚動脈ステント留置術の手術実績について


水の都では、平成14年から、頚動脈狭窄症に対するステント留置術に取り組んでおり、平成20年の10月に手術件数が、40症例を超えました。(平成20年10月時点)

統計資料


平成28年 年間手術件数
平成27年 年間手術件数
平成26年 年間手術件数
平成25年 年間手術件数

このページのTOPへ戻る